シミができる原因を知って理にかなったシミ対策を!

シミの原因として考えられるのが、紫外線です。紫外線が皮膚に当たると、皮膚の中の細胞の核を破壊してしまいます。その破壊を防ぐため、防御反応として人はメラニン色素を作り出します。こうすることで紫外線が皮膚の中にまで来ないようにし、守ることができるようになりますが、このメラニン色素が多く作られてしまうことで皮膚内に残ってしまい、それがシミという形になってしまいます。

 

本来であれば、肌は皮膚の内側から新しいものがどんどん出てきて、古いものは押し出されるように外に出ていくことになります。これがターンオーバーであり、本来はこのターンオーバーが機能するためにメラニン色素ができてしまったとしても、それがうまく排出されることになります。ところが、このサイクルが何らかの影響で乱れてしまうと、うまく排出されず、段々メラニン色素が残留するような形となります。この残留したものがシミということになります。こうしたターンオーバーは年齢を重ねるごとに周期が長くなるため、さらに残りやすくなるというのが真実です。

 

一方、シミの原因は紫外線だけに限りません。睡眠不足であったり、不規則な生活を送るだけでもメラニン色素は発生してしまいます。肌を守ることがメラニン色素の役割であるため、紫外線以外の敵に対してもそのような防御反応をするためです。紫外線ケアをしていればシミを防ぐことができるということではなく、むしろ、普段からの生活をしっかりと送り、乱れているようであれば改善することが求められます。

 

乱れた生活習慣は別の意味でシミの原因となります。それは、ターンオーバーの乱れに直結するためです。新陳代謝自体が悪くなってしまうため、そうしたものがターンオーバーに影響を与えるので注意が必要です。紫外線から身を守ることが大事ですが、普段から生活習慣をしっかりとし、健康的な毎日を過ごすように努力すれば、シミを防ぐことは大いに可能となります。