しみやそばかすに効く成分について調べてみました!

しみやそばかすは、一度できてしまうと治りにくく、気になってしまう人も多くいることでしょう。しかし、有効成分が含まれた化粧品を使用することで、少しずつではありますが改善や予防をすることができます。ここでは、その成分について紹介します。そもそもなぜしみそばかすができてしまうのかというと、肌の内にあるメラニン色素が原因です。

 

本来であればターンオーバーによって少しずつ表面に浮き出て剥がれていくものの、加齢などでターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが留まったままとなります。
この正体が、しみそばかすです。つまり、肌のターンオーバーを正常に戻し、メラニン色素を除くことができれば、悩みを改善できることになります。

 

 

そこで有効となる成分ですが、
まずはビタミンC誘導体が挙げられます。
メラニン抑制効果のあるビタミンCを肌の奥深くまで誘導してくれる成分で、美白効果があることでも有名です。

 

 

次に、トラネキサム酸です。
抗炎症作用があり、メラノサイトの働きを抑制します。しみやそばかすにも有効ですが、ニキビ跡や肝斑に対しても効果を発揮します。

 

 

天然成分であるハイドロキノンも、美白効果が認められています。
本来はコーヒーやいちごに含まれていますが、最近では化粧品でもよく使用されています。
しみやそばかすの予防だけでなく、高い還元作用により既にできてしまった色素沈着の改善にも効果的です。

 

他にも

  • プラセンタやアルブチン
  • コウジ酸
  • リノール酸

 

などの成分が、しみやそばかすにも有効で美白効果があるとして知られています。
これらの成分を組み合わせることで、メラニン生成の原因となる成分を抑制し、
メラノサイトの活動を抑え、メラニンを還元する効果を与えていきます。これらが含まれた化粧品が販売されているため、しみやそばかすを予防、
改善したい場合には利用すると良いでしょう。
尚、ターンオーバーを正常にするためには、肌の保湿も重要です。
そのため、保湿効果のある化粧品も合わせることで、更に効果を得ることができます。