シミと睡眠の関係!シミが増える原因は睡眠不足にもある!?

紫外線に当たらないようにするため日焼け止めをしっかり塗っていても、完全に紫外線から逃れることはできません。
また紫外線以外の外部からの刺激も完全に避けることができませんから、年齢を重ねるごとに少しずつメラニン色素が増加していきます。

 

メラニン色素が、肌に紫外線や外部からの刺激が加わることによって発声するもので、メラニン色素が増えれば増えるほど肌の色が濃くなることがわかっています。
シミは、そのメラニン色素が部分的に濃くなった部分で、年齢を重ねるごとにメラニン色素が増えるのと同時に、シミも増えてくることがわかっています。若い頃もメラニン色素は作成されるのでシミが発声していますが、目立たないのは、新陳代謝が正常に働いているので、色素が沈着する前に古い皮膚が剥がれ落ちていたからです。

 

しかし年齢を重ねると、新陳代謝が正常に行われず、肌のターンオーバーも乱れがちになってしまいます。そうなると剥がれ落ちるべき皮膚がそのままの状態で残ってしまうので、シミが濃くなったり、顔がくすみがちになってしまいます。新陳代謝を正常にするための方法として、実は睡眠が大事なことがわかっています。眠りについてから、3〜4時間ほどしたころに、成長ホルモンというものは分泌されますが、実はこれが皮膚の細胞分裂や再生などに深く関わりがあります。そのため短い睡眠では成長ホルモンが分泌されにくくなるので、新しい皮膚の再生が難しくなり、肌がくすみがちになってシミが濃く見えてしまうことになります。また、睡眠中には、メラトニンという睡眠ホルモンと呼ばれるものがあり、このメラトニンは眠っている間に沢山分泌されますが、多ければ多いほどメラニン色素の排出を促すことができます。メラニン色素を排出できれば、肌のくすみが改善されるので、透き通った綺麗な肌への改善が期待できます。このようなことから、シミやくすみの改善には、十分な睡眠時間が欠かせません。